銀行の審査は甘い?その真実とは

少し前までは、銀行の審査は消費者金融に比べると厳しいといわれていましたが、ここ数年で消費者金融の審査が厳しくなり、逆に銀行の審査が甘くなってきているという話があります。この話は本当なのでしょうか?

これは一部分では真実ということができます。住宅ローンや自動車ローンなど目的別ローンと呼ばれる個人向け高額融資については、以前に比べると審査が厳しくなってきているという一面がありますが、それに対してカードローンなどの少額融資を行うための審査は甘くなってきていると言われてます。これは銀行はもともと個人向け少額融資はあまり実績がなく、実際のところは信販会社や消費者金融といった他の金融機関に審査などを含めた業務を一任していることが関係しているようです。

消費者金融が保証会社となって審査を行っている場合いは、消費者金融の審査とほぼ同等の審査が行われるためにやはり審査が厳しいものの、信販会社が保証会社となっている場合にはやや甘めという話は多くなっています。だからといって、どの銀行も申し込みをすれば審査に簡単に通過することが出来るというわけではありません。甘めと言われていても、やはり信用がない人には審査に通過できないことが多くなっています。